連絡先 電話:03-5987-2967・FAX:03-5687-1832
トピックス

お知らせ障害種別

日本障害者協議会(JD)「戦後70年と障害者」

8月28日開催 学ぶ1日を!

障全協やきょうされんなども加盟している、日本障害者協議会(JD)では「戦後70年と障害者」をテーマにしたサマースクールを開催します。
障害のある人と戦争とは深い“負の関係”があり、障害分野の当事者として、戦争反対を身をもって訴えることを呼び掛けています。

サマースクールでは、沖縄戦とPTSDについての講演、
戦争体験のある障害のある人のディスカッション、また、
若い世代からの発信もあります。

以下、サマースクールの要綱です。
日時:2015年8月28日(金)午後1時〜5時
場所:*憲政記念館 講堂(東京都千代田区永田町1丁目1の1)
資料代:500円
*要約筆記、手話通訳があります。
定員:400名 *事前申込をお願いいたします。
主催:NPO法人日本障害者協議会(JD)

●企画目的
戦後70年。日本は、世界に誇れる日本国憲法をよりどころに、
暮らしと平和を築き、継承してきました。戦争は、たくさんの
尊い命を奪い、障害者をつくり出す最たるものです。
ヒロシマ、ナガサキ、オキナワ・・、苦難と悲劇しか生み出さ
ない人類の愚行である戦争は二度と起こしてはならないとの誓い
を胸に深く刻んできました。
しかし、その日本で今、戦前の「あの」時代を思わせるような
動きが強まっています。戦争の足音が聴こえるのは私たちだけでしょうか?
障害のある人は戦時下、非国民、ごくつぶしとまで言われ人間
扱いされませんでした。だからこそ、障害のある人の、反戦と平和を
希求する思いは人一倍強いものがあります。
障害者権利条約の締約国に加わった日本は、権利条約が、世界平和を
宣言した「世界人権宣言を礎に制定されたものであり、戦争とは相容れ
ないものであることを知っているはずです。
障害者の権利保障、しあわせは平和の中でこそ実現するものです。
『戦後70年』の今、あらためて戦争の悲惨さに向き合い、その歴史に
学び、決して忘れることなく、平和をまもり続けていくことの大切さを、
一緒に考えてみませんか。

●主なプログラム
・スライド上映
・基調講演『沖縄戦の心の傷が今に問うもの』(お話 蟻塚 亮二 さん)
・平和を語りつなぐパネルディスカッション
コーディネーター:藤井 克徳(JD代表)
アドバイザー:蟻塚 亮二 さん
パネリスト:戦争体験障害者 
水野 ミサさん(聴覚障害・東京)
藤野 高明さん(視覚および肢体障害・大阪)
松本 昌介さん(元肢体不自由児学校教員・全国肢体障害者団体連絡協議会役員・東京)

詳細は、添付のチラシをご覧いただきたくお願いいたします。
bt_20150616153717.pdf

▲ このページの先頭にもどる