連絡先 電話:03-5987-2967・FAX:03-5687-1832
トピックス

高齢種別

【13.02.01】23区特養待機者約3万人(東京地本調査)

福祉保育労東京地本で23区に直接聞き取り。

 1月30日、福祉保育労東京地本で23区の特別養護老人ホームの担当課に直接電話を入れ、特別養護老人ホームの申し込みをしているけれども入所待ちをしている人の数を問い合わせ、独自に集計をしました。また、日本共産党品川区議団のご協力で2012年3月現在の23区内の特養別途数(建設・計画数)も調べました。
 調査では特別養護老人ホームベット数(2012年3月現在)は18,748床。23区内の待機者数の総計は29934床でした。つまり、いま特養で生活している方の1.6倍の待機者が23区には存在するということです。ある区の担当者は「いま申し込みいただいてもおそらく3〜4年は待つことになると思う」と回答しています。5134円の保険料(23区の保険料の平均)を払い続けながら、待機をつづける実態はまさに「保険あって介護なし」と言わざるをえません。
 現状で待機なしで特別養護老人ホームに入ることを実現するためには、65歳以上人口比で3%のベッド数が必要だと考えられます。
 あくまでも平均値としての計算ですが、介護保険実施後高齢者は59万円もの保険料を保険者に納入しています。せめてまっとうな保険として成立することを求めていきましょう。
※詳しいデータは東京地本にお問い合わせください。

▲ このページの先頭にもどる